So-net無料ブログ作成
検索選択
本の紹介 ブログトップ
前の10件 | -

乙種第4類危険物取扱者 合格テキスト [本の紹介]

 eco検定も無事に合格したこともありまして、次の試験勉強を開始すべく、早速、下記の本を購入しました。


乙種第4類危険物取扱者 合格テキスト

乙種第4類危険物取扱者 合格テキスト




 正直なところ、化学ってあまり好きではないのですがね・・・。まぁ、やりますけれども!!

 日程調べて、申し込みもして、覚悟を決めたいと思います。

eco検定 [本の紹介]

 環境社会検定、通称eco検定と呼ばれている国家資格があります。


2010年版 環境社会検定試験eco検定過去・模擬問題集

2010年版 環境社会検定試験eco検定過去・模擬問題集




 自分のポテンシャルアップのため、会社の発展のため、先ず、eco検定をぜひとも取得したいと思います。

ザ・クリスタルボール [本の紹介]

 こちらの本を読みました。

 通勤に、かなり時間を要する分、じっくりと本を読める時間が取れておりまして。サクって読み終わりました。

 
ザ・クリスタルボール

ザ・クリスタルボール




 ゴールドラット大先生の最新作で、在庫と売上というカニバリゼーションを取り扱った内容になっております。

 小売業を例にし、余剰在庫を抑えて、在庫回転率を上げていくというストーリで、その課題を克服するために、社内、社外、サプライチェーンの関係を構築していくという形でまとまっております。

 最終的には、投資の話まで出てきて、TOCもいよいよここまで来たか、という感じもありましたが・・・。

 ここで、原点回帰ではないのですが、通勤中にまとまった時間が取れるので、改めてザ・ゴール、ザ・ゴール2を読み返したいと思っております。


 少しでもアウトプットへ向けて、仕込みをしていきたいです。

美味礼讃 [本の紹介]

 こちらの本を読みました。


美味礼讃 (文春文庫)

美味礼讃 (文春文庫)




 辻静雄さんの半生を描いた小説です。

 こちらの本は以前ご紹介した通り、コンサルタントS様よりご推薦して頂いた本でありまして。500ページを超える大作なのですが、一気に読了しました。

 フランス料理の事はもちろん、辻調理師専門学校が大きくなる様子、経営者の観点、人を育てるということ、哲学的な観点など、数多くを勉強することができました。

 また、この本の中にワインが8種類登場しています。いずれも超高級ワインに部類されるものですが、今からでも少しずつワインを飲めるようになり、フランス料理を頂くときは、同時にワインも楽しめるようになりたいと思います。


 この本では、人生観を学べたのに近いのかも知れませんね。

美味礼讃 [本の紹介]

 こちらの本を購入しました。

 コンサルタントS様からのレコメンデーションを頂きました。


美味礼讃 (文春文庫)

美味礼讃 (文春文庫)




 私に足りないもの、欠けているもの、むしろ気づいていないもの、などなどを享受できるのであろうと思います。

 これは熟読必須です。

 今後の糧になること間違いないと確信しております。

Gainer [本の紹介]

 慣れ親しんだメンズノンノを、ついに卒業しました。

 振り返れば、かれこれ10年は購読したのではないかと思います。

 ちょうど年も変わるし所ですし、Gainerという雑誌に変えてみたいと思います。コンテンツはドンピシャのような感じです。


Gainer (ゲイナー) 2011年 01月号 [雑誌]

Gainer (ゲイナー) 2011年 01月号 [雑誌]




 ちょうど発売日もメンズノンノと同じ毎月10日なので、同じリズムで購入できますね。

 Gainerで、またファッションの幅が広がる事を期待しております。


 メンズノンノ卒業、そうです、歳取ったってことっすかね(笑)。

ゴールドマン・サックス (上・下) [本の紹介]

 世界最強の金融企業のゴールドマン・サックスが如何にして誕生し、如何にして成功を収めたのか、インタビューを元に綴られている本が発売されました。


ゴールドマン・サックス (上)

ゴールドマン・サックス (上)






ゴールドマン・サックス (下)

ゴールドマン・サックス (下)

  • 作者: チャールズ エリス
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2010/10/23
  • メディア: 単行本



 実質、一ときは世界を牛耳っていたと思われるゴールドマン・サックスの舞台裏が見られるとあって、これは買いでしょうね。この本はきっとトキメクね!

女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!? [本の紹介]

 この本を購入しました。





 会社で働く為の知識がテンコ盛りの本で、減価償却から、需要予測、製造販売会議、リードタイムや、ロットサイズ、JIT、POS等々を理解できる優れた物語です。

 ザ・ゴールを筆頭にして、ある物語を通して様々な概念を理解するというのがトレンドのようですね。難解な教科書を前に奮闘するよりは、サクサク読めてパっと理解できる方がお手軽ってなもんで。それでいて、本質さえ押さえていれば十分かと思いますので、まだまだこのトレンドは続くのでしょうね。

 が、にしても、こちらの本や、もしドラもそうですが、もうちょい表紙ってどうになならんもんでしょうかね??


 さっそく読んでみましたが、ちょっと内容が軽かったですかね。製造業のお仕事を、ざっと俯瞰するにはちょうど良いのかも知れませんね。

 シリーズ3部作のようですので、とりあえず次も買ってみたいと思います。

成功する人だけが知っている「一万円」の使い方 [本の紹介]

 こちらの本を読みました。


成功する人だけが知っている「一万円」の使い方

成功する人だけが知っている「一万円」の使い方




 ちょっとしたお金の使い方で、ビジネスもプライベートも大きく変わって行くというもので、【活きたお金の使い方】を勉強させてくれる本でありまして、なかなか刺激的な1冊でした。

 人脈構築、奢り方・奢られ方、服装、持ち物(靴、鞄、筆記具)など、あらゆる角度からの見た1万円の活かし方は、ビジネスでもプライベートでも活用すべきテクニックが満載でした。

課長島耕作 [本の紹介]

 今更ながら、「課長島耕作」を購入しました。


課長島耕作 (1)  新装版

課長島耕作 (1)  新装版




 色々と肩書別にシリーズが出ているようですが、まずは課長編から。

 サラリーマンバイブルとのことなので、ちょっと勉強させて頂きます。

前の10件 | - 本の紹介 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。